思い込みを手放すことで働き方がかわる

 

思い込みを手放すことで働き方がかわる

 

キャリアコンサルタント・算命学ライフデザイナー の小林 雅子です。

今日は、『思い込みを手放すことで働き方がかわる』と言うことについて

書いていきます。

 

何回見ても、見えてこないもの。発見できないもの。

そんな時、周りの人に見てもらうと

誤字脱字が見えたり、探し物が出てきたり。

そんな事はありませんか?

 

1、思い込みとは

「若い婦人と老婆」

一度は、見聞きしたことがあるかもしれません。

見方によっては、
若い婦人にも、老婆にもなりえる有名な絵です。

どうでしょう?あなたはどちらに見えますか?

答えを知っていても、何回みても どちらかが見えなのです。

 

これが、”思い込み”です。
私たちは、かなりの割合でこの”自分だけの思い込み”に支配されているのです。

 

日常でもありませんか?
自分で何度やってもできなかった事が、
他の人がすると いとも簡単にできたしまうようなこと。
逆もしかりです。

 

日常も、私たち自身も
この「思い込み」がほとんど作用しているのです。

 

思い込みとは、硬く信じる事や執着すること。

 

私は、そんな思い込みはしていない!と思っているのも思い込みかもしれません。

私たちの人生は、99%が思い込みでてきているとすらいわれているのです。

 

2、思い込みが仕事に及ぼす影響とは

 

以前、こんなことを言われる方がいました。

『会議中にスマホをいじるな!等と言っている会社はあり得ない』
さて、あなたはどう思いますか?

会議中はスマホをいじらず、会議に参加するのが当たり前と思っていませんか?

 

 

会議の状況も色々とあるかもしれませんが、会議中ですら市場は動いている。
その時間にスマホを見ない事で 大損したり、大きな利益を逃したりする方が 問題ではないのか?

そもそも、会議はスマホでもできるし、会議に集まる時間を調整するのももったいない。
そんな発想です。

そう、この内容は 堀江貴文さんの著書に書かれている内容です。

ホリエモンは頭がいいし、お金もあるからな・・・・。
そんな風に思ってはいませんか?
それすらも思い込みかもしれません。

会社でこんな事はないですか?
代々 先輩方から引き継がれた業務。
そつなくこなし、次に引き継がなければ・・・。

その仕事、本当に必要ですか?
必要なら、どこかバージョンアップすること、
削減することはありませんか?

引き継いだ業務は、そのまま実行しなければ。
そんな思い込みはありませんか?

その思い込みが、あなたの成長を阻害している要因かもしれません。

では、そんな思い込みを手放すにはどのようにしたらよいのでしょうか?

 

3、思い込みを手放すには

 

3-1、他意識から自意識、そして全員意識へ

昇進・昇格。サラリーマンをしているとどうして気になります。
また、個人評価も。

「私はあの人よりも仕事ができる。」
「あの人よりもたくさん仕事をこなしている。」

あの人と比べる事を辞めないかいぎり、
自分が豊かな気持ちになる事はありません。

評価されなければ、
評価する人の見る目がないと言い出しませんか?

他人に評価を任せるから、自分の思い通りの評価にならないといつまでも他人の、環境の、外部の状況に

自分を肯定する理由を見つけることになるでしょう。

それを辞めなければ この状況はいつまでたっても変わりません。

自分が満足いく評価がついた時は良いでしょうが、つかない時には
”こんな会社に・部署にいるから”
”こんな仕事だから”
”評価する人に 能力がないから”

全ての理由を外側で探してしまいます。

事実、他人はそれほどあなたのことなど 気にもしていないということなのです。

それでも、あなたは
そんな評価をいつまで気にしますか?

あなたの基準であなたがどう頑張ったのか?
それだけなのです。

さらに、その基準は人それぞれ。
その人の成長をその人の基準で受け入れられる意識を持つことも 思い込みを外すことにつながります。

 

3-2、自分の良いように選択する

 

人生は、ストーリーでてきている。
私たちは、自分が描いている人生ストーリーで生きていると言われています。

 

「人生脚本」ということを提唱した
精神科医エリック・バーンの「心理的プログラム」のことです。
エリック・バーンはTA(交流分析)を提唱したアメリカの心理学博士。

 

人は、色々な経験、体験から
「こんな人生になるんじゃないか?」という 人生のストーリーを持っており、
気づかない、無意識のうちに 自分が描いた脚本に沿って人生を生きていると言うもの。

 

人は、自分について想像したことや、思いが無意識にそれに合わせるような行動をとってしまうということ。
結果的に、その通りになってしまうということなのです。

 

例えば、車の運転が上手くない人が、”私は車の運転が上手い人”と思い込むことにより
本当に運転が上手くなってしまったりすることです。

 

仕事の仕方、働き方に対しても同じ事が言えます。

 

残業がなくなり、時間が空いていることも増えています。
その時に、あなたがその時間をどのように使うのか?

 

家族だんらんに当てたいと思えば、早く帰るようになる。
残業代が減ったのは会社のせいだ!と思えば、愚痴を言いあう仲間と居酒屋に行きたくなる。
残業代が減ったのを埋めなければ!と思えば、
今以上に仕事を早く切り上げ何か出来る事を探すようになる。

 

このように、あなたがどう思うか?により
人生も働き方も変わってくるのです。

 

結局のところ、自分の人生がどういう風になれば自分が満足するのか?を思い、
ストーリーを組み立てればその通りに動いていくことになります。

自分の人生は 自分で選択できるのですから、
自分が喜ぶ、満足する選択をするようにしてみてはいかがでしょうか?

 

4、思い込みを手放す働き方

 

4-1、あなたの幸せは何かを考える

定期的な収入を得る為に、好きでもない、嫌な思いをして働いている毎日をあなたはどのように思っていますか?

「生活の為に」
「老後の為に」
「子供の為に」

だから、「仕方がない」
多くの人がそのような回答をすることでしょう。

サラリーを定期的に受け取る事を手放すことは勇気のいる事ですから。

 

しかし、その中でも、自分が本当にしたい事は何なのか?
やりたい事は何なのか?を考えることで、思い込みを手放すことができます。

 

今の思い込みは、おそらく
”定期的にサラリーを受け取る事”=”食べていける方法”と思っていることから成り立っていますよね。

 

では、定期的にサラリーを受け取らなければ、食べていけないのか?と言うことです。
子供が大学に行かなければいけない、そのために塾に行かなければいけない、
そうさせてあげることが親の役目だから。

 

そこに思い込みはないでしょうか?

 

個人事業主はみな、生活出来ていないのでしょうか?
綺麗な服を着て、毎日美味しランチをたべて、
海外旅行にたくさんいく事。
それが幸せと思っていませんか?

 

まずは、あなたが思う幸せを考えてみてはいかがでしょうか?

 

4-2、新しい未来を想像し、あなたの人生を創造する

 

人生の時間は、あなたが思うほど長くはありません。

 

人生100年時代と言われていますが、
あなたの体力、気力、能力など、あなたが思うとおりに動かせる時間は
40代に入ると あとどれくらいあるでしょうか?

 

あなたが今からやりたい事を始め、あなたが望む、創造する結果まで
持って行く為には、どれくらいの時間がかかるでしょうか?

 

自分の人生を切り売りしている暇はないかもしれません。

 

先ほど私たちは、自分が描いている人生ストーリーで生きていると言いましたが、
あなたがどんな人生を送りたいか、どんな未来を生きたいのか?
それを想像することが、あなたの人生を創造していく近道となります。

 

働くということに関しても同じ事。
あなたがどんな働き方をしたいのかを?創造しなければ、
いまのままの、「これで仕方ない」という 働き方になってしまうのです。

 

あなはた、どんな働き方、仕事をしている事が、時が、
あなたが満足するのかを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

5、まとめ

 

人生は99%思い込みと言われています。

 

時代の概念は、刻々と変わっていますし、
どの概念、考え、思考を採用するかはあなた次第です。
その採用したものが、あたなの新しい働き方、未来、人生へとかわります。

いままでがそうだから、これしか出来ないから。

いえいえ、これからの働き方はあなたが創っていけば良いのです。

 

 

The following two tabs change content below.
小林雅子

小林雅子

サラリーウーマン中に会社で受講した人材育成研修で、 自分の人生を自らデザインしていく「ライフデザイン」に出会い、 『自分の人生は自分で決める』ことの大切さを知る。 この大切さを多くの女性に知ってもらいたいと、サラリーウーマン中に、 国家資格「キャリアコンサルタント」の資格を取得。 また、「ライフデザイン」欠かせない、「自己理解・他者理解」の一助となる、東洋の叡智「算命学」を学ぶ。(現在も継続勉強中) ​自分の描いた「ライフデザイン」をより前向きにとらえ、 自分の人生を歩んでいけるよう、「算命学」を取り入れ、 「自分らしさ・運気の流れ」を合わせた、『算命学ライフデザイン』セッションをご提供中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小林雅子

サラリーウーマン中に会社で受講した人材育成研修で、 自分の人生を自らデザインしていく「ライフデザイン」に出会い、 『自分の人生は自分で決める』ことの大切さを知る。 この大切さを多くの女性に知ってもらいたいと、サラリーウーマン中に、 国家資格「キャリアコンサルタント」の資格を取得。 また、「ライフデザイン」欠かせない、「自己理解・他者理解」の一助となる、東洋の叡智「算命学」を学ぶ。(現在も継続勉強中) ​自分の描いた「ライフデザイン」をより前向きにとらえ、 自分の人生を歩んでいけるよう、「算命学」を取り入れ、 「自分らしさ・運気の流れ」を合わせた、『算命学ライフデザイン』セッションをご提供中。